STEP1:不用品を処分してお金に変換。メルカリ転売で月1万円を稼ぐ方法

不用品 処分 せどり

 

自分の力でお金を稼ごうとしたとき、何から始めたらいいのかわからない、という声をよく聞きます。

まずは小さくても良いので、結果が出やすく、リスクのないビジネスから始めるのが王道です。

 

会社に勤めていると、業績に関係なく、時給で一定のお給料をいただけるのが普通ですが、自分でビジネスをするということは、時間給の世界ではありません。

ビジネスにどれだけ時間や労力をかけても、成果を出せなければ、1円も稼げないことになりかねません。

最初はこの事実に、誰しもが戸惑います。

 

中には、事前の準備や作業が多く、最初の1円を稼ぐのにかなりの時間を要する稼ぎ方もあります。

このような方法から始めてしまうと、思うように行かない時に、途中で諦めたり、挫折しかねません。

 

それだったら、まずは少額でもいいので、稼ぎやすいジャンルから始めていくと、無理なく着実に稼ぐことができます。

成果が出れば、そこに時間をかけていけば、2倍、3倍と稼げるようになりますし、やってるうちにだんだん要領がよくなって、効率よく稼げるようになります。

 

また、軍資金に大金を必要とするようなビジネスだと、万一うまくいかなかった場合、資金を失うリスクを伴います。

それを避けるためにも、ノーリスクあるいはローリスクで開始できることがいいのです。

僕自身、ビジネスの第一歩としてはじめたのがメルカリを使った不用品転売でした。

ビジネススキルがまったくない初心者でも、不用品販売だけで68000円もの収を得て、物を売る感覚を身につけることができたのです。

ここでは、誰でも簡単にできる、メルカリによる不用品販売について、解説したいと思います。

1.不用品処分をするならメルカリ!

どうせ不用品を処分するのなら、ただ捨てるのではなくて、他に必要な人に譲ってその対価としてお金を受け取ったほうが理想ですよね。

それを実現してくれるアプリとしてメルカリを紹介します。

1-1.メルカリとはどんなアプリ?

メルカリとは、個人が不要なものを互いに売買するフリーマーケットアプリ、略してフリマアプリです。

そして、フリマアプリの中でも、メルカリは最も人気の高いひとつです。

 

なぜ人気があるかというと、パソコンがなくても、スマホひとつで出品や購入が簡単にできるからです。

複雑なパソコン作業のようなものは一切なく、誰でも簡単に始められるというところが、メルカリの最大のメリットです。

メルカリでは個人間で商品の売買を行いますが、メルカリが間に入るため、出品者や購入者と直接お金を受け渡したり、振り込むわけではないので、スムーズに取引が行えます。

1-2.アプリのダウンロード・アカウントの取得

iPhoneはアップルストアアプリ(App Store)、AndroidはGoogleストアアプリから、メルカリアプリをダウンロードします。

アプリを開いたら、アカウントを取得のための入力をします。

facebookやGoogleアカウントを使って登録することも可能です。

メールアドレスから登録していく場合、画面に従って、入力していきます。

1-3.出品者プロフィールの設定

アカウントの登録が終わったら、ホーム画面のマイページボタンから「プロフィール」をタップします。

右上の「…」マークを押して、「プロフィール編集」をタップします。

プロフィールの設定画面に移行しますので、プロフィール写真とプロフィール文章を設定します。

 

プロフィール写真は自分自身の写真や似顔絵でなくても、何でも大丈夫です。

メルカリは女性ユーザーがかなり多いので、男性であっても動物の写真やぬいぐるみの写真など、パッと見て安心感を与えるものが良いかと思います。

Twitterのアイコンでよく見るような、アニメや漫画のキャラクターなどをアイコン化するのは、女性ウケが悪いという点でだけでなく、著作権の問題もあるので、避けたほうが良いでしょう。

プロフィールは、特に個人的なことを書く必要はなく、購入者の方とコミュニケーションを大切にする、商品を丁寧に梱包して、迅速に発送するなど、注文に関して真摯に取り組む旨を記載すればいいでしょう。

2.メルカリで不用品を出品する方法

登録及びプロフィールの編集が終わったら早速商品を出品していきます。

2-1.出品する商品を選定する

まず、家にある不用品の中で、何を出品するかということから考えます。

メルカリの規約で出品を禁止されているものがあるので、これは出品から除外します。

代表的なものとしては、

  • 盗品
  • 危険物
  • アダルト商品
  • たばこ
  • 使用したことのある下着
  • 医療機器
  • 賞味期限の近い食品
  • 農薬

などです。

 

医療機器なんて扱うはずがないと思いますが、血圧計やハンディタイプのマッサージ機なども、実は医療機器に含まれますので、注意が必要です。

できれば、このような商品以外で探した方が無難です。

出品禁止商品かどうか疑わしい場合は、メルカリのホームページで確認したり、直接問い合わせましょう。

 

また、出品して注文が入ると、購入者に商品の発送を行いますが、日本郵便(郵便局)は危険物を含む品物の配送を、受け付けていません。

具体的には火気厳禁のスプレー缶、油分を含む香水類(ほぼすべての香水は油分を含んでいます)などです。

他の業者では配送できることもありますが、基本的にスプレー缶や液体は、避けた方がいいです。

次に、商品の単価があまりに安いと思われる物、具体的には販売価格が1000円以下にしかならない物は出品しないようにします。

なぜかというと、商品が売れたら、商品の大きさにもよりますが、購入者への配送料金が、数百円から1000円程かかるためです。

 

いくら不用品といえども、出品価格より送料が高くなってしまっては、元も子もありません。

最初は商品がちゃんと売れるという感覚がつかめればいいので、利益は少なくてもいいですが、送料で赤字にならないような物を選びましょう。

使用しなくなった本、CD、DVDは、出品しやすいジャンルですが、これらはブックオフやamazonでもかなり安価で販売しているので、一度amazonで出品価格や、出品者の数を調べてみるといいと思います。

 

amazonで中古の出品者が多い商品は、amazonの中古最安値くらいの価格でないと、メルカリでも売れません。

欲しい人の大半はメルカリよりも、amazonで買うからです。

amazon中古の最安値が500円くらいだと、メルカリでも、やはり500円以下でないと売れにくいでしょう。

ただし、著者のサイン入り本やCDなど、特殊な商品は相場より高くても売れる場合があります。

 

メルカリで本、CD、DVDなどのメディア商品を扱うのであれば、あまり市場では見かけないマニアックな物を扱うといいと思います。

あるいは、漫画の全巻セットなどもありです。

(部屋が片付くメリットもありますしね。)

 

服やアクセサリー、バックなどは高級ブランドでなければ、相場が画一的ではないので、値段がある程度自由につけれるため、出品はしやすいと思います。

ただし、メルカリは女性客が圧倒的に多いため、アパレル系で出品するなら、女性ものを扱うのが望ましいです。

(男ものがまったく売れない、というわけではありません。)

家電なども人気がありますが、商品が大きな物になると、送料が1000円以上かかることもあるので、注意が必要です。

 

出品商品選定のポイント

・メルカリが出品を禁止する商品を避ける。(メルカリ公式サイトで確認)

・送料で赤字にならないよう、販売価格が1000円未満になりそうな物を避ける。

・セットものやサイン入り商品など、独自商品は高く売れやすい。

・アパレル商品は女性ものの方が売れやすい。

2-2.実際に商品を出品する

まずホーム画面右下の出品アイコンをタップします。

 

出品する際には、最低でも1枚の商品写真のアップロードが必要です。

写真はスマホのアルバム内から選択するか、その場で撮影することもできます。

 

購入者にとっては、写真の第一印象が強いため、キレイに写真を撮る必要があります。

 

悪い例としては、後ろにタンスが写っていたり、背景がキッチンだったりすると、写真から生活感がにじみ出て、印象が悪くなります。

最も簡単な対策として、100円ショップで売られている白い模造紙を使います。

これを床に広げたり、壁に貼ったりして、背景を真っ白にします。

模造紙の上に商品を置いたり、立てかけて、模造撮影すると、キレイに撮れます

また、撮影は蛍光灯や部屋の照明より、太陽の自然光の方が、発色がよく映りが良くなります。

撮影はできるだけ日中に、日当たりのいい場所で行いましょう。

 

商品がボロボロで中古感が強すぎると、購入者に避けられがちで、値段を安くしないと買っていただけません。

あまりに痛みの激しい物は出品を避けた方がいいでしょう。

 

写真のアップロードができたら次は、コメント・商品情報の入力をしてきます。

「商品名と説明」のウインドウをタップしてコメントを入力します。

コメント欄には、商品のキーワードとなるような言葉を入れ、商品の説明をします。

商品の良さ、魅力をアピールすることももちろん大事ですが、目立った汚れや破損している点を書かないでおくと、購入後のクレームになりかねません。

説明すべきマイナスポイントがあれば、きちんと書いておくべきです。

 

あまりにマイナスポイントが多いような商品であれば、かなり売れにくくなるので、そのような商品の出品ははじめから避けた方が良いでしょう。

どこで手に入れた物か、ということは記載する必要がありません。

例えば、結婚式の引き出物でいただいたものの、一度も使っていないお皿やコップを出品するとします。

コメント欄に「いただきもので、必要ありませんので出品しました。」といったことを書くと、値下げの依頼が多くなります。

 

なので、もらい物であっても、あえてその旨を書かない方がいいです。

値下げ交渉を容認する場合、コメント欄にはその旨を書く必要はありません。

何も書かなくても、値下げ交渉をしてくる人はいるからです。

 

商品がどうしても売れない場合は、「値下げ交渉可能です」などと記載の上、再出品して、あえて値下げ交渉が来るのを待つのもありです。

ただし、その場合、もとより価格が高すぎて売れていない可能性があるので、値段を下げて再出品する、という方法でもいいと思います。

 

商品説明の記載まで終われば、あとは配送方法の選択をすれば出品完了です。

「配送料の負担」タブから、「送料込み」「着払い」のいずれかを選択します。

送料別として出品することも可能ですが、購入者からすると、送料がいくらになるか分かりづらいため、かなり購入されにくくなります。

配送方法は大きさ等の問題がなければ、「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」から選択するのが良いでしょう。

メルカリ便は一般の配送サービスと異なり、匿名で発送することができるため、こちらの住所や本名を相手に知られずにすみます。

また、一般の宅急便やゆうパックと異なり、全国一律料金が一定なので、配送料をいちいち確認しなくていいのが最大のメリットです。

 

両者の違いは、らくらくメルカリ便はクロネコヤマト(ヤマト運輸)ゆうゆうメルカリ便は郵便局(日本郵便)が配送を担当する、という点です。

料金はそれぞれの会社の配送サービスに準じますが、大きな差異はありません。

らくらくメルカリ便は160サイズ(箱の3辺の和が160cm)までの荷物に対応すること、家まで集荷に来てもらえるというメリットがあります。

 

また、両者ともに、営業所やコンビニに荷物を持ち込んで発送することもできます。

らくらくはセブンイレブンとファミリーマートゆうゆうはローソンが担当しているため、仕事等で集荷を依頼できない場合は、最寄りのコンビニを基準に選ぶのもいいでしょう。

 

出品内容入力のポイント

・第一印象を決める商品写真は背景、照明を利用してキレイに撮る。

・クレームになりかねない大きなマイナスポイントは隠さず記入する。

・配送は基本的にメルカリ便で。集荷やコンビニ持ち込みのしやすさでサービスを選択。

2-3.メルカリの値付けのしかた

メルカリでは販売価格の10%が、手数料として売上から差し引かれます。

例えば、1000円で販売した商品は、手数料として100円が差し引かれ、900円振り込まれます。

また、その他に購入者への送料も必要です。

 

というわけで、あらかじめ、およその送料を調べておき、販売価格に含めるようにした方がいいです。

CDやDVDのような薄い物だと、封筒に入れて普通郵便や定形外郵便で、約200円~500円で送れます。

小さい手荷物であれば500円~1000円程度、段ボールに入れて送るようなものであれば、500円~1500円程度です(荷物の大きさに寄ります)。

 

普通郵便や定形外郵便以外の場合(クロネコヤマトの宅急便や佐川急便等)、配送距離によっても料金が変わるので、自宅が九州や北海道のように、東西の端に近い地域だと、遠い地域への配送がちょっと割高になることを、考慮しなければなりません。

値付けをするときは、自分が出品したい商品も商品がメルカリでいくらで売られているか検索して調べてみるといいでしょう。

写真の左上に「SOLD」と書かれたものが、すでに売れた商品で、その価格を見れば、だいたいの相場がわかるかと思います。

あまりに相場より高く値付けすると、売れにくくなるので、注意が必要です。

洋服やバッグ等、アパレル商品は、あまり中古の相場がはっきりしていないので、ある程度自由に値付けすることができます。

はじめは自分が思う理想の値段で販売して、売れる気配がなければ値段を落として再出品すれば大丈夫です。

 

また、メルカリでは購入者が、出品者に値下げ交渉をすることができます。

出品者、購入者、両者が合意すれば、値下げの額は500円でも1万円でも、いくらでも可能です。

 

値下げされると利益が小さくなるため、値下げ交渉に一切応じないということもできますが、値下げをした方が購入してくれやすいです。

そのため、出品価格は、あらかじめ値下げされることを前提として、値付けしておきます。

2-4.出品した商品が売れにくいときの対策

出品した商品がなかなか売れない場合、再出品して、以前の出品を取り消します。

なぜ、このようにするかというと、メルカリでは最も新しく出品された商品が、検索の最上位に来るようになっています。

 

つまり、自分が出した出品は、時間が経つにつれて、だんだん下に埋もれていき、そのうち誰の目にもつかなくなるのです。

そのため、売れない場合、同じ内容で再出品をします。

最初の出品をする直前に、出品内容を下書き保存しておくと、価格だけ変更することで、楽に再出品ができます。

 

再出品したものが、以前の出品とだぶっていると、閲覧者が混乱するので、再出品が完了したら、前の出品は削除しましょう。

3.商品の梱包、発送の方法

商品が注文されたら発送の準備をします。

送料を節約するために、なるだけコンパクトに包装します。

 

本やCDなど、薄い物は封筒に入れます。

普通の紙の封筒だと、雨なのでなどで破れる可能性があるので、商品をOPP袋(透明なビニール制の封筒のような袋)に入れて、それを封筒に入れるといいです。

CDなどケースが割れる可能性がある商品は、内側にプチプチ(緩衝材)の付いた封筒に入れると大丈夫です。

 

大きめの商品は、ちょっと硬い紙袋などに入れるといいでしょう。

商品が型崩れしたり壊れたりしないように、必要に応じて、新聞紙やプチプチ(緩衝材)で巻いたりします。

プチプチや緩衝材付き封筒、ちょっと固めの紙袋などは、いずれも100円ショップで購入可能です。

大きな100円ショップには、梱包資材のコーナーがあるので、商品が売れる前に梱包資材を100円ショップで調達しておくといいです。

これよりもさらに大きい商品は、ダンボールに入れます。

ダンボールはamazonで買い物をした時に届いた物を使うのもいいですし、大きめの箱であれば、コンビニやスーパーで店員さんの許可を得ていただく、という手もあります。

どうしても、ちょうどいいサイズのダンボールが手に入らない場合は、ホームセンターやamazonで買うという手もありますが、数百円するので、できるだけ無料で手に入れたいところです。

3-1.集荷依頼をかける、または商品をコンビニに持ち込む

らくらくメルカリ便を利用する場合は、家にヤマト運輸に集荷に来てもらうことができます。

集荷依頼はメルカリの取引画面からできます。

 

依頼した当日に集荷に来てもらい場合、集荷依頼を17時までに済ませなければなりません。

それ以降に依頼をすると、次の日以降の集荷になってしまいます。

集荷日が次の日にずれ込むと、商品の到着も1日遅れてしまいますので、できるだけ、その日のうちに集荷を済ませましょう。

 

仕事などで夜間にしか家にいないという場合、集荷時間の対応外になってしまいます。

その場合、商品を自分でコンビニに持ち込んで発送することもできます。

ファミリーマートであれば、以下のファミポートから「配送サービス」を選択し、画面の表示に従って進めていきます。

入力が済むと、ファミポートから伝票が発行されますので、それを持ってレジに向かい、配送する商品を預けます。

4.メルカリの注意点

これまで解説しましたように、メルカリは個人間で簡単に商品を売買できますが、個人同士の売り買いなので、商品が届かないとか、お金が振り込まれないといったトラブルがまったくないわけではありません。

もちろん、メルカリ社がトラブルの対応にあたってくれますが、相手が会社等ではなく個人なので、注意はしておくべきでしょう。

 

どちらかというと商品を購入した時のトラブルが多く、買ったのに商品が届かないとか、商品説明と実物が違う、ということがあります。

出品者としては、購入者の立場に立って販売をすれば、トラブルは回避できます。

購入者は取引終了後に出品者の評価をつけるため、商品の梱包は丁寧に、発送は迅速に行いましょう。

5.まとめ

今回は、メルカリを使った不用品販売についてお話させていただきました。

せどり・転売を経験したことがない人でも今回の不用品販売で、物を売る感覚を身につけるところからスタートしていただけたらと思います。

不用品の販売で商品を売る感覚を付けたら今度は、STEP2で稼ぐための土台を身に着けてみて下さい。

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました!

追伸

僕が“せどり”をはじめたきっかけは、父親の借金1000万円を返済するためでした。

 

家を売るか、破産申告するかを迫られる状況のなか、まだ大学生だった僕は、アルバイトに出かける両親に代わって、7人のせどりの達人に教えを乞い、ノウハウをインストールしまくりました。

 

その結果、初月から月商100万円、半年で月商400万円稼げるようになりました。

 

そのノウハウを父と姉に教えたところ、2人とも、自立して“せどり”ができるようになり、今では、一生お金に困らない生活ができています。

 

僕の父や姉でさえできる“せどり”は、

例えば、

  • 借金を抱えている人
  • 病気療養中の人
  • 家族の介護をして働きに出られない人
  • 失業中の人

というような状況の人でも、ちゃんと実践できれば、確実に稼げるようになるのは勿論のこと。

 

資金が潤沢にある投資意識のある人は、投資対象として、せどり事業でお金を増やしています。

 

月商2000万円以上をせどり事業でつくるクライアントもでてくるくらい、

「0→1から1→100まで」

まで、対応できるのが、せどり事業です。

 

いろいろな立場の、より多くの方々に、僕の経験と知識を役立てて欲しいと考え、下記無料メルマガで公開することにしました。