副業で稼ぐ!在宅でパソコンを使って月3万以上稼げる副業をご紹介

在宅 パソコン 副業 せどり

こんにちは、川畑です。

今回は、

「副業で稼ぐ!在宅でパソコンを使って月3万以上稼げる副業をご紹介」

というテーマでお話していきたいと思います。

 

現在では働き方が多様になり、『副業』という概念も身近なものになりました。

一人の人間がいくつもの仕事を同時に抱えることも可能になってきているのです。

 

パーソル総合研究所が2018年10月26日~10月30日に行った「副業の実態・意識調査【個人編】」によると、

正社員で現在副業している人は10.9%も存在し、現在はやっていない人でも今後副業したいと考えている人は全体の41.0%に上るという結果が出ました。

<副業の実態・意識調査結果【個人編】の要旨>

 正社員で現在副業している人は10.9%。現在、副業を行っていないが、今後副業したい人は41.0%。

② 副業開始のタイミングは1年以内が41.3%で、そのうち6か月~1年前からが21.9%と最多。

③ 非副業者を年代・性別にみると、すべての年代で女性の意欲の方が高く、若いほど副業意向が高い。

引用元:PRTIMES>パーソル総合研究所、副業実態・意識調査結果【個人編】を公表 加速する副業。正社員の 10.9%が副業実施中、1年以内の開始 41.3%

一昔前と違って、インターネットの出現によって、スキマ時間に副業をして稼ぐことも可能になってきたのです。

中でも特に人気なのが、パソコンを使ってできる在宅の副業です。

 

僕自身、最初はパソコンを使った在宅副業から始まりました。

そこから徐々に収益をあげて、会社員の給料を超えるほどの勢いの収益を出し、脱サラするまでに至ったのです。

それから僕は、数多くのコンサル生を指導してきました。

その中には、副業からはじめて会社員以上の収益を得て独立した人や、独立までに至らなくても、お金の悩みから解放されるほどの収益を得た人がたくさんいます。

※僕が今まで指導してきたコンサル生の事例については、下記記事をご参照ください。

こういう事例を聞くと、

「俺(私)も副業をやってみたい!でも何をしていいかわからないし、特に際出たスキルもないしなあ・・・」

と思われる人がいるかもしれません。

川畑 昌弘
ということで今回は、パソコンでできる在宅副業のメリットや誰でもできる副業の種類、注意点を徹底解説していきます。

それでは早速はじめていきましょう!

 

1.パソコンで副業をするメリット

パソコン 副業 メリット

先ず初めに、パソコンを使って副業をするメリットをご紹介していきます。

実際にパソコンを使った副業をやっている方が感じているリアルなメリットは一体何なのでしょうか。

ここでは、その魅力を一つずつ詳しく説明していきます。

1-1.働き方が自由

パソコンで副業をするメリットとしてまず挙げられるのが、働き方を自由に選べるということです。

ネットに繋がったパソコンが一台あれば、働く時間や場所・スペースなどに左右されずに、好きな時に好きな場所で自由に働くことができます。

自宅はもちろんのこと、旅行先のホテルやふらりと立ち寄ったカフェなど、好きなところで作業することができるのです。

いわゆる『スキマ時間に働ける♪』というやつですね。

 

働き方が選べるということは、自分のライフスタイルを変えることなく副業ができるということです。

せっかく副業を始めても、自分の生活や仕事のスケジュールに合わず無理をして体調を崩してしまったり大して稼げなかったら元も子もありませんよね。

特に副業でパートやアルバイトを選択した場合は、本業に加えて、さらに決められた時間と場所で働くことを強いられます。

それによって、本業に影響が出てしまっては、本末転倒・元の木阿弥です。

 

時間帯や場所にとらわれず自由に稼ぐことができるのは、パソコンを使った副業の最も大きなメリットと言えるでしょう。

また、アルバイトは時給が定められているが故に、月に稼げる金額がだいたい想定できますが、パソコンを使った副業は稼げる金額は青天井です。

もちろん、いきなり大きな金額を稼ぐのは難しいですが、コツコツと続けていくことで、収益を右肩上がりにしていくことも十分に可能です。

1-2.人と接することがない

パソコンを使った在宅の副業をするということは、必然的に一人で黙々とやる系の仕事になります。

仕事仲間がパソコンになるのです。

そうなってくると、必然的に人と接することのない働き方になってきます。

 

勿論、定期的なミーティングや打ち合わせがある場合もありますが、今ではZoomやSkypeといったサービスでのビデオミーティングを利用することができます。

人によっては、あまり他人と接しての働き方を好まない方もいるでしょう。

そんな方にとって、『パソコンを使った在宅の副業』はピッタリな働き方であると言えます。

 

上司に理不尽な叱られ方をされることもなければ、パワハラまがいな扱いを受けることもありませんからね。

ただ、人と接する機会がなくなるということは、逆に人の助けを借りることも難しくなるということです。

一人で仕事をしたい気持ちもわからないこともないですが、全部一人で解決しようとすると、はてしない時間とお金を浪費することになってしまいます。

なので、完全にシャットアウトするのではなく、ある程度、(遠隔上でも良いので)人と接して仕事をすることをおすすめします。

1-3.新たなスキルを身に付けることができる

単に『パソコンを使った在宅の副業』と言っても、その業界・職種は多岐にわたります。

後ほどそのうちのいくつかをご紹介しますが、どれを選ぼうとも必要な知識やパソコンの基礎スキルを身に付けることは必須にいなってきます。

これも、パソコンを使った副業のメリットです。

 

今やインターネット化社会になり、パソコンやスマートフォンを操作して出来ることが爆発的に増えてきています。

その中でパソコンの基本的な操作や知識、インターネットリテラシーを身に付けておくことは、これからの社会を上手に生き抜いていくために非常に有効であるといえます。
(というか身に付けないと生きていけないレベルにまで達しています。)

それだけでなく、在宅ワークによって自分自身でビジネスを興しお金を稼いでいくこと自体、非常に高い情報収集能力や実行力を要求されます。

 

更に、仕事によってはプログラミングやWebデザインなどの専門知識や業界知識なども身に付きることもできます。

『在宅である』ということにかかわらず、副業をするということはそれだけ新たなスキルや知識を身に付けられるということでもあるのです。

1-4.転職に有利

終身雇用が崩壊した今や、転職をすることはもはや、当たり前になってきています。

マイナビ転職が運営している採用情報サービス『中途採用サポネット』の、

“転職動向調査2019年版(2018年実績)”

によると、2016年に3.7%だった日本の転職率は、2018年には5.3%になったという調査結果が出ています。
(この値はこれからもどんどん増えていくことでしょう。)

20代~50代男女の転職率は、2016年が3.7%、2017年が4.2%、2018年が5.3%と、過去3年間で微増傾向。
2018年は、2016年・2017年に比べて男性20代、女性20代、女性40代の転職者が増加している。
正規雇用者全体の構成比と比較すると、男性20代や女性20代の転職割合が高く、一方で男性40代~50代や女性50代の転職割合が小さい。

中途採用サポネット>転職動向調査2019年版(2018年実績)

こうした調査からも分かるように、働き方の多様化は転職という選択肢を取りやすくさせました。

この面において、副業は非常に役に立ちます。

なぜなら副業は、就業経験に数えられるからです。

一つの会社で働き続けた”だけ”の経験と、それにプラスして副業で働いて得た経験を経て語る言葉には、大きな差が出てきます。

特にパソコンを使った副業は、前述の通り基本的なパソコン操作・知識や特殊なスキルを身に付けることも可能です。

こうしたお金以外の副産物は転職に非常に有利に働くのです。

2.パソコンで副業をするために知っておくべきこと

パソコン 副業 注意点

パソコンを使った副業をするメリットは分かっていただけましたでしょうか。

では次に、パソコンを使った副業をする上で知っておくべきこと・注意点をいくつかご紹介します。

これを知っているか否かがあなたの副業の質を大きく左右しますので、よく読んでみてくださいね!

2-1.本業に影響がない程度にしておく

前述の1.副業のメリット でもお伝えしましたが、副業では自由な働き方を選ぶことができます。

逆に言えば、本業をしているとき以外の時間を全て副業に費やすことも可能なんです。

そうなると、特にまじめで責任感の強い人はついついオーバーワークになってしまいます。

しかしこれではまさに本末転倒。

空いた時間で収入を増やす・スキルや知識を身に付けることが目的で始めた副業によって、体調を崩してしまったり本業がおろそかになってしまっては意味がありません。

副業をする際にはくれぐれも無理はせず、体調に気を付けて本業に影響が出ない範囲でやりましょう。

2-2.会社にしっかり報告する

本業が会社員という方は特に気を付けてください。

会社によっては、【副業禁止】という社則がある会社もあります。

副業禁止の会社でやってしまっては、会社のルールを破ってしまうことになります。

最悪の場合、懲戒免職処分になることもあるので、くれぐれもそのようなことが無いように注意してください。

副業OKの会社でも、副業を始める際にはまず上司や労務・総務にしっかりと報告し、会社のルールに則って行いましょう。

なぜなら、給料の支払いや税金の申請に影響が出てくるからです。

基本的に、社会保険や労働保険、源泉徴収などの手続きはすべて会社がやっています。

しかしそれは、収入源がその会社のみであるという前提があってのことです。

副業をすることでその前提がなくなるわけですから、必ず会社に報告しましょう。

2-3.税の申請のやり方

副業を始めるとなると、収入源が複数存在することになります。

そうなってくると面倒なのが、税金の申請です。

特に年末調整や確定申告と言った複雑な手続きを自分でやる必要が出てきます。

副業をやっていなければ全て会社がやってくれた手続きを、自分でやらなければいけないのです。

もしこうした手続きを怠ったり、間違った申請をしてしまっていたりすると、脱税行為になってしまうこともあります。

そうなると、延滞金などの罰則金で副業の収益以上の金額を請求されることも十二分にありえるので、注意が必要です。

副業を始めてしかるべき時が来たら、税金の申請のやり方もしっかりと理解しておきましょう。

3.パソコン副業でおすすめの仕事3選

パソコン 副業 おすすめ

それではここから、パソコンを使った副業のなかでもおすすめの仕事を3つご紹介していきます。

特に今回は、パソコンを使った副業初心者の方向けの、

「特別な知識や経験が必要なく・初期投資も少なくて済む仕事」

という観点で仕事を選びました。

ぜひ参考にしてみてください!

3-1.ブログ

ブログ

まずは、パソコンを使った副業の代表格である『ブログ』です。

ブログとは、自身でウェブサイトを立ち上げ、取り上げるコンテンツを決め記事を書くことで、広告収入を得ていくことです。

ブログにも様々な収益化の種類がありますが、大きく分けて以下の3つに分けて分類されます。

  1. Googleアドセンス広告
  2. ASPやAmazon・楽天などのアフィリエイト
  3. 純広告

それぞれがどのような方法で収益化していくかを説明すると話が長くなりすぎるのでここでは省略しますが、テーマを決めて記事を書くという手法に違いはありません。

 

『ブログ』の良いところは、自分の趣味の延長で始められるということです。

野球が好きな人であれば、好きな野球チームの速報サイトを立ち上げてもいいですし、何か愛用しているアイテムがある人はそのレビュー記事を書くのも一つの手です。

僕の知っている人の中には、筋トレを趣味にして、そのトレーニングの様子を非常にわかりやすい解説で記事にアップ。

使っているトレーニング機器やプロテインなどの紹介料で、月100万円以上の収益を得ている人がいます。

 

このように、とにかくネタに困らないのは、『ブログ』の長所と言って良いでしょう。

また『ブログ』の場合、初期投資が極端に少なく済むのも魅力に一つです。

必要なのは、パソコン1台とインターネット環境、そして文章力です。

これらがそれっていればその場ですぐに始められるスピード感は、数ある副業の中でも随一です。

3-2.データ入力

データ入力

『データ入力』とは、伝票や資料・議事録や音声記録をパソコンでデータにしていくというものです。

よくあるのは、顧客データや統計データなどの打ち込みです。

特に昔からある企業や資本力の低い中小企業ではこうした作業を外注している場合が多く、副業でデータ入力を始める際にはこうした案件を受注していく必要があります。

 

『データ入力』の在宅ワークの魅力は、何といっても初期投資が全くないということです。

あくまでパソコンやインターネット環境が整っているということが前提ですが、それさえあれば他に必要なものは一切ありません。

更に、特別なスキルや能力がなくても始められるというのも魅力の一つです。

データ入力は資料を見てそこに書いてある数字などをひたすら打ち込んでいく作業になるので、非常に始めやすく簡単なのです。

 

特別なスキルもなく、単調作業が苦にならない人にとっては、データ入力ほど適した副業はないと言っても良いでしょう。

パソコン作業にあまり自信がない人は、データ入力から始めてみるといいかもしれません。

3-3.せどり

せどりとは、店頭やネットショップなどで商品を安く仕入れて、仕入れ価格以上の値段でネットで売ることでその差額分の利益を得る副業のモデルです。

元々、せどりという言葉ができたきっかけは「転売業者が古本屋で本の背中のタイトルを見て、買う本を選んだこと」と言われています。せどりの意味を一言で言い表すならば、「安く仕入れて、高く売る」ということです。

なかでも中古本を安く仕入れて高く売ることを、元々はせどりと言っていました。せどりという言葉が有名になったのは、ブックオフで中古本を仕入れ、アマゾンで販売する手法が広まったときです(現在のブックオフの状況は後述します)。

しかし、今ではもっと幅広い意味で「せどり」という言葉が使われるようになりました。家電商品を扱う「家電せどり」、CDなどを扱う「CD(DVD)せどり」、おもちゃなどを扱う「ホビーせどり」、ネット通販で仕入れる「電脳せどり」……と扱う商品が全然違う場合もすべて「せどり」と言うようになっています。

引用元:ビジネス心理学>せどりとは?本当は売れない?逮捕理由は?|小学生でもわかるせどり講座

いわゆる”転売”の中の一つです。

 

せどりの魅力はやはり、その収入額の大きさ

ブログやデータ入力といった成果報酬型の副業モデルは、その仕事のレベルに見合った報酬がやった分だけ貰えます。

これに対してせどりは、商品を自分で買って自分で売るわけですから、その報酬額はいくらでも上げることができます。

 

更に、そのビジネスモデルは非常に単純であり、

「安く仕入れた商品を高く売る」

だけで利益を得ることができます。

このシンプルな構造故に複雑な手続きを踏むことなく収益をあげられるのも魅力の一つと言えます。

アマゾンや楽天での買い物をよくする人や、ショッピングが好きな人には向いているかもしれませんね。

4.パソコン副業でやってはいけない仕事とは?

パソコン 副業 おすすめしない

では逆に、パソコン副業で絶対にやってはいけない仕事をいくつか紹介していきます。

基本的にパソコン副業は自由に仕事を選べますが、中にはこれだけはやってはいけない・やらない方がいいという仕事もあります。

 

そのうちの一つが、詐欺行為です。

インターネット化が進んだ現代では、SNSやネット上でバイナリーオプションや情報教材を使ったねずみ講や詐欺が横行しています。

そして、これらの詐欺ビジネスが稼げてしまうのも事実です。

 

例えば、

「スマホを1日10分ポチポチするだけで、月10万円稼ぐ方法をお教えします!」

と明らかに嘘だとわかるような情報をネット上に流して、5万円ほどで売っても、一定数売れてしまうという事実があります。
(信じられないことに、そういった情報があると本気で信じて買ってしまうわけですね。)

 

でも、言うまでもなくこれらの詐欺行為は犯罪であり、決して手を出してはいけない領域です。

実際、これらのビジネスに手を出して人生を壊してしまった人も何人もいます。

同じ副業をするなら、真っ当な方法で正しくお金を稼ぎましょう。

5.パソコンで副業するのに最もおすすめなものとは?

ここまで、パソコン副業のメリットや注意点、その仕事の種類ややってはいけない仕事について説明してきました。

では具体的に、私川畑が最もおすすめするパソコン副業は何か。

 

それは、「せどり」です。

ここではその理由を説明していきます。

 

この記事を読んでくださる方のほとんどは、

「これからパソコン副業をはじめてみたい」

「在宅で本業以外で稼ぎたい」

と思っていることと思います。

 

前述の3.パソコン副業でおすすめの仕事3選 -せどり- でも少しお話しましたが、『せどり』は特別な知識は一切必要なく、初期投資をする必要がありません。

準備期間が少なく、今ある知識で手短に始められるのはせどりの魅力です。

 

更に、収益化が早くすぐに手元にお金が入ってくることもおすすめポイントの一つ。

勿論商品を仕入れてから売れるまでお金を得ることはできませんが、人気の商品であれば出品した当日にでも売ることが可能です。

 

副業を始めてすぐにお金が生まれるのってすごくありがたいですよね。

それから、失敗した時のリスクが非常に少ないことも嬉しいポイントです。

せどりにおける”失敗”とはすなわち、商品が売れないことです。

 

でも、商品の売れる・売れないは仕入れる前から分かっちゃうんです。

今どき、商品の売れ筋や販売数はネットで調べればいくらでも出てきます。

これらを見ながら、絶対売れる商品だけを仕入れて出品すれば、自ずと収益は生まれていきます。

 

このように、『せどり』はパソコン副業の初心者がまず最初に始める副業にピッタリなんです。

始めはせどりに対して若干難易度が高く感じるかもしれませんが、正しいやり方で行えばすぐに稼げるようになります。

なので、初めてパソコン副業を始める方には『せどり』を強くおすすめします!

初心者でもせどりで稼ぐためについては、下記記事でステップ形式で詳しく解説しているので、ぜひとも参考にしてみてください。

 

6.まとめ

パソコン 在宅 副業 まとめ

今回は、

「副業で稼ぐ!在宅でパソコンを使って月3万以上稼げる副業をご紹介」

というテーマで、

  • パソコンで副業をするメリット
  • パソコンで副業をするために絶対に知っておくべきこと
  • パソコン副業でおすすめの仕事
  • パソコン副業でやってはいけない仕事
  • パソコン副業で最もおすすめの仕事

についてお話しさせて頂きました。

もう一度言いますが、パソコン副業を始めるなら『せどり』が絶対的におすすめです。

理由は、

  • 専門知識や特別なスキルが不要
  • シンプルなビジネスモデル
  • 初期投資が少ない
  • 収益化が速い
  • リスクが少ない

からです。

 

本業と平行していく上では、いかに少ない時間で収益を上げられるかどうかが鍵になってきます。

せどりは、

「安く仕入れた商品を高く売る」

だけで、収益を得られるビジネスであり、早ければ1週間もたたずに収益をあげられるようになります。

 

ぜひとも今回の記事を参考にしてもらって、充実した副業ライフを楽しんでもらえたらと思います。

それでは今回はここまでになります。

ありがとうございました!

追伸

僕が“せどり”をはじめたきっかけは、父親の借金1000万円を返済するためでした。

 

家を売るか、破産申告するかを迫られる状況のなか、まだ大学生だった僕は、アルバイトに出かける両親に代わって、7人のせどりの達人に教えを乞い、ノウハウをインストールしまくりました。

 

その結果、初月から月商100万円、半年で月商400万円稼げるようになりました。

 

そのノウハウを父と姉に教えたところ、2人とも、自立して“せどり”ができるようになり、今では、一生お金に困らない生活ができています。

 

僕の父や姉でさえできる“せどり”は、

例えば、

  • 借金を抱えている人
  • 病気療養中の人
  • 家族の介護をして働きに出られない人
  • 失業中の人

というような状況の人でも、ちゃんと実践できれば、確実に稼げるようになるのは勿論のこと。

 

資金が潤沢にある投資意識のある人は、投資対象として、せどり事業でお金を増やしています。

 

月商2000万円以上をせどり事業でつくるクライアントもでてくるくらい、

「0→1から1→100まで」

まで、対応できるのが、せどり事業です。

 

いろいろな立場の、より多くの方々に、僕の経験と知識を役立てて欲しいと考え、下記無料メルマガで公開することにしました。